ニキビの原因と治療

考えている女性

ニキビというのは、毛穴の詰まりと過剰な皮脂分泌によって発生してしまいます。
過剰な皮脂が分泌されていたとしても毛穴が詰まって居なければニキビは発生しませんし、そこまで多くの皮脂が分泌されていなくても毛穴が詰まっているとニキビができやすくなってしまいます。
ニキビの原因菌であるアクネ菌は皮脂を餌にしています。餌が豊富にあるとそれだけ成長を進めます。また、毛穴にニキビができ、細菌が入り込むことで炎症を起こしてしまいます。

ダラシンTゲルのジェネリック医薬品であるクリンダマイシンゲルを使用することで、ニキビの原因菌を殺菌し、炎症を起こしてしまった部分を鎮静させる効果もあります。
黄色のニキビにも赤色のニキビにも有効なので、様々なニキビに悩んでいる方でもクリンダマイシンゲル一本で症状が解消されます。
また、ケロイド状になっている症状や背中にできているニキビ、小さなぶつぶつができているというような症状にも効果があります。

ニキビができやすい、肌荒れを起こしやすいという方はクリンダマイシンゲルを常に置いておくと安心です。

病院であれば、こうしたニキビ治療薬と一緒にビタミン剤や抗生物質が処方されます。
体の内側からもニキビができないように作用していくことができます。
体の内側と外側から作用していきますのでニキビが治りやすくなるでしょう。

しかし、個人輸入代行サイトを利用すればクリンダマイシンゲルだけではなく内服薬も注文することができます。しかも、日本に出回っている医薬品よりも種類が多いので、自分に合った薬を探しやすいです。

正しく使用

効果を実感する女性

クリンダマイシンゲルというのは名前に「ゲル」という言葉が就いていますのでゲル状になっているというイメージがあります。
多くの医療機関ではゲル状のクリンダマイシンゲルが処方されているのですが、実はゲルタイプだけではないのです。
クリンダマイシンゲルにはローションタイプも存在しており、肌質に合わせて選ぶことが出来るようになっています。
肌が乾燥することが多いという場合にはゲルタイプ、肌が敏感という場合にはローションが良いと言われています。ゲル状とローションで形状は異なりますが、どちらも得られる効果は同じです。

ただ、ここでは一般的なゲルタイプの使用方法を紹介します。
クリンダマイシンゲルは1日2回洗顔後に使用します。女性であれば洗顔後にスキンケアを行なうと思いますが、使用する際にはスキンケアを行なった後にクリンダマイシンゲルを使用します。体にニキビができているという場合には入浴後に使用します。
塗布するのは患部だけでOKです。ニキビが広範囲にできているという場合には全体的に伸ばしましょう。
塗布する際には塗り込むと言うより、薄く伸ばすことを意識しましょう。
また、朝であれば女性は化粧をすると思います。クリンダマイシンゲルを使用してからすぐに化粧をすると化粧ノリが悪くなってしまいますので、完全に乾いてから化粧をするようにしましょう。

クリンダマイシンゲルは非常に高い効果があるニキビ治療薬なので、数日で効果が実感できる場合が多いです。使用している約半数の人が高い効果を感じたという結果も出ています。しかし、こちらの薬は抗生物質となりますので、長期間使い続けるのはよくありません。長くても1ヶ月程度の使用にとどめておきましょう。

先発と後発

薬を飲む女性

皮膚科のニキビ治療でよく処方される薬というのはダラシンTゲルというものです。ゲル状の外用薬でサラッとしている特徴があります。1日2回患部に塗るだけで初期のニキビや炎症を起こしているニキビを治療することができます。
ただ、近年ではダラシンTゲルのジェネリック医薬品も存在しています。その医薬品がクリンダマイシンゲルになります。
ダラシンTゲルと同じ成分で作られていますので、得られる効果、考えられる副作用のリスク、使用方法などは全く同じになります。しかし、クリンダマイシンゲルの価格は非常に安いです。

ジェネリック医薬品というのはよく耳にしますが、一体どういう医薬品のことなのか…。いまさら人にも聞けないし…というような人のために、簡単にジェネリック医薬品についてお教えします。

医薬品には新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)の2種類があります。
ダラシンTゲルは新薬になります。新薬が開発されるまでには膨大な時間と費用がかかっています。そのため販売されている価格も高くなってしまいます。また、開発された当時というのは独占で販売できる権利が与えられます。
しかし、独占で販売できる権利には期間が定められています。その期間がすぎることで、ほかの製薬会社が新薬と同じ成分、製造方法で医薬品を作ることができます。そうなれば当然新薬に比べて開発までの費用も時間もかかりません。よって、安い金額で提供することが出来るのです。この薬がジェネリック医薬品となります。それが、クリンダマイシンゲルなのです。

よって、製薬会社のブランドを気にするというような人でなければ、ジェネリック医薬品であるクリンダマイシンゲルを選ぶことをおすすめします。
治療費は安いに越したことはありません。個人輸入代行サイトであれば、クリンダマイシンゲルの他にも日本では取り扱われていないようにジェネリック医薬品が多数存在していますので、治療費を安く抑えることが可能となります。

2つの方法で入手

スマホを操作する女性

クリンダマイシンゲルなどの医薬品というのは病院で処方してもらって手に入れる方法と、個人輸入代行サイトで通販をして手に入れるという2つの方法があります。
それぞれの入手方法でメリット・デメリットがありますので、ここで、それぞれの特徴をお教えします。

・病院で処方してもらう場合
病院でニキビ治療するとなれば皮膚科になります。専門の医師が状態を確認し、症状にあった薬を処方します。基本的には新薬の外用薬と内服薬を処方します。専門の医師に診てもらうことが出来るというのが最大のメリットです。また、診察を受けた当日に薬を受け取ることが出来るというのもメリットの一つでしょう。ただし、薬代の他にも診察料や交通費が発生します。

・個人輸入代行サイトで手に入れる場合
通販であればクリンダマイシンゲルを始めとする様々なジェネリック医薬品を手に入れることができます。日本では発売されていないジェネリック医薬品でも個人輸入代行サイトであれば豊富に取り扱っています。また、病院を探す、行く手間を省くことが可能です。注文してからクリンダマイシンゲルが届くまでは2週間前後かかりますが、そのデメリットさえ除けば、安い、手軽、簡単に購入することができます。

いかがでしょうか?クリンダマイシンゲルを病院で処方してもらう場合と個人輸入代行サイトで手に入れる場合、どちらを利用するべきでしょうか。
もちろん、同じ医薬品なのでどちらでも得られる効果は同じですし、どちらを選ぶかはアナタ次第です。

利用前の確認

PCを見ている女性

現在、何かの症状に悩んでいるという人たちの多くは、病院へ行かず個人輸入代行サイトを利用して自分で医薬品を購入しています。
違法じゃないの?と思う人も居るかと思いますが、ちゃんと厚生労働省に認可されていますので問題はありません。個人輸入をする際にはいくつか条件や手続きがありますが、個人輸入代行サイトを利用すれば、初心者でも問題なくスムーズに買物を楽しむことが可能となっています。

個人輸入代行サイトでは、様々な医薬品を取り扱っています。ニキビ治療で用いられているクリンダマイシンゲルはもちろんですが、その他にもデリケートな悩みを解決してくれる医薬品やグッズも多く販売されています。クリンダマイシンゲルであれば病院で処方してもらうのも恥ずかしくありませんが、性病や避妊、AGA、EDというようなことは病院へ行きにくいですよね。ただ、個人輸入代行サイトであれば病院へ行かなくても手に入れることができますので、こうした場合に多く利用されています。

ただ、クリンダマイシンゲルを販売している個人輸入代行サイトはたくさんあります。それぞれのサイトを見ているとクリンダマイシンゲルの販売価格は若干違います。また、サイトによっては送料の金額、支払い方法、お届けまでの期間、梱包状態は異なります。
購入してから後悔することのないようにするためにも、しっかりと商品の情報と個人輸入代行サイトの情報をチェックしておくようにしましょう。
最近では優良な個人輸入代行サイトを紹介しているサイトもありますし、口コミも多数掲載されていますので、選びやすくなっています。